加齢臭の基礎知識

加齢臭とは?

齢臭は、中年以降の方にあらわれる体臭のことを意味しています。中年以降の男性に多い傾向があり、故意でなくとも加齢臭を発していることで近くの人から非難されてしまう場合があります。

 

平均的には40歳代に入った頃から多数の方が直面する問題ですが、誰もが加齢臭を発生させるようになるとは限りません。加齢臭に分類されても、悪臭がするような方と、臭いが強くない方とが存在するのです。

 

普段から運動をするのが当たり前だったり、脂物をあまり摂らないといった食事面に注意している場合には、ほとんど加齢臭は気になりません。つまり、運動不足の状態で脂物を多く食べる日々を送り続けると加齢臭を避けるのは難しくなるということです。

 

気になる加齢臭を生じさせているのは、「ノネナール」という名前の物質です。ノネナールの発する臭いについては、押し入れ内、ブルーチーズ、ロウソク、古本といったような臭いに感じられることがあります。簡単に臭いを表現することはできないのですが、他にも足やタバコから出る臭い、汗の臭気が付け足され、異様な臭いになるというわけです。

 

年齢を重ね中年になる頃には、その加齢臭に輪をかけるようにしておやじ臭さがセットになるのです。加齢臭は一ヶ所から臭いを生じさせているのではなく、まさに全身から発生しているのです。

 

そのため、加齢臭を軽減するには消臭スプレーなどの力だけを借りるのではなく、不快な臭いの原因に辿り着くことが大切なのです。少数派ではありますがたまに20代から加齢臭を放出し始めることがありますから、中年になってからの対策では遅い場合もあるでしょう。

 

悪臭を漂わせる加齢臭を改善するには、可能な限り早期に根元に存在する原因を取り除かなくてはいけません。

↓↓加齢臭を改善したいなら一度は試す価値がある石鹸です↓↓

 

中高年の健康維持にカメヤマ発酵ヨモギを食べると良いでしょう。
生活習慣病の代表糖尿病は食生活で改善できる可能性があります。