加齢臭と脂肪の関係

女性の加齢臭

加齢臭は中高年期に多くありますが、この加齢臭をあらかじめ防止することは実現できないのでしょうか。未然に加齢臭を防ぐための選択肢をいくつか挙げていきます。

 

基本的に加齢臭は、脂肪酸と活性化酸素が増していくことによって発するようになります。つまり、脂肪酸と活性化酸素の量が増えないようにすれば、効果的な加齢臭の予防が実現するのです。

 

活性化酸素は生活習慣病をはじめとした色々な症状を発生させるリスクが潜んでいるので、健康の観点からも対策が必要です。この活性化酸素を増やさないためには、抗酸化作用がある食品の力を借りるのが必要不可欠です。

 

詳しくは、緑茶から摂取可能なカテキンやβカロチン、ゴマから摂取可能なイソフラボンといった種類が挙げられます。食事療法を実践することも好ましいのですが、それ以外にも煙草やお酒の量を少なくするようなことも大事です。

 

体内環境は弱アルカリ性をキープすることが重要で、酸性に偏ることによって内臓疾患などを引き起こしてしまいます。賢くストレスと向き合い生活の中に体を動かす時間を確保することも、加齢臭の予防に効果的とされています。

 

今の段階で加齢臭に悩まされている方は、頭の中まで臭いに支配されて、ストレスを溜め込んでしまっているケースがあります。気にし過ぎないようにして、ストレスが溜まらないように工夫しなければ、加齢臭を際立たせてしまうことにもなりかねません。

 

この頃は、多種多様な加齢臭の予防に効果を発揮するグッズ、サプリメントを筆頭とする食品、石鹸などのような商品も購入することが可能です。そういったものを利用して加齢臭の予防に励むことも、好ましいでしょう。

 

加齢臭の予防に一番大切なことは、不規則ではない生活と脂肪分を控えた食生活をキープすることです。

↓↓加齢臭を改善したいなら一度は試す価値がある石鹸です↓↓

 

Cell栄養学研究所のた続木和子さんのホームページ。ホリスティック栄養学についても。